歯周病|福山市御門町の歯医者 やまもと歯科

Open

8:00-12:00 / 12:30-17:45

Close

水曜・日曜・祝日

Reserve & Contact

0849994618
24時間受付中WEB予約はこちら

歯周病

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。歯を支えている歯肉が腫れたり、骨が溶けてしまうなど、限度を越えて悪化するとどんなに一生懸命に治療をしても手遅れになるかもしれません。症状を感じにくいので、定期検診を行い、早期発見・早期治療をする事が重要です。

歯周病と全身疾患の関係性

歯周病を放置すると、原因菌が体内に侵入し、糖尿病を悪化させたり、動脈硬化を引き起こすなど、全身の健康にも悪影響をおよぼすことがあります。特に糖尿病の方は注意が必要で、一般の方と比べて歯周病の方の割合が2~3倍程度多いとされています。
また、歯茎の炎症部分からインスリンの作用を阻害する物質が作り続けられるため、進行も早いとされています。生活習慣を見直し、正しい生活の中で予防をしていくことが大切です。

歯周病の検査

歯周病の検査

歯を失う原因の8割は、歯周病といわれております。「歯ぐきから血が出る」「口臭がある」「口の中がネバネバする」などの症状がある方は歯周病かもしれません。長い間歯科医院で受診されていない方は、自覚症状の無いまま歯周病が進んでいるかもしれません。

大切な歯を失うことのないように、歯科医院で検査を受けることをおすすめします。当院では、治療を始める前にポケット測定や模型診断、レントゲン撮影などを行い、歯の状態を確かめてから治療計画を考えていきます。

歯周病の治療

STEP1. スケーリング・TBI

スケーリングは、初期段階の歯周病に対して行われる治療です。歯周ポケット(歯と歯茎の境目)の歯垢や歯石などを除去する治療です。歯周ポケットが深い場合は、歯茎を少し切開して可視化した後、歯の根元部分をキレイにクリーニングするなどの歯周外科処置を行う場合もあります。

STEP2. SRP

SRPとは、スケーリング&ルートプレーニングの略で、こちらも歯周病治療のことです。専用の器具を用いて、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの間の狭い隙間に詰まったプラーク(歯垢)や歯石を取り除いてキレイにしていきます。

STEP3. 歯周外科

歯周病が進行すると骨の吸収が始まり、歯がグラつきはじめ、やがて抜歯しなくてはなりません。しかし、歯周外科治療で骨などの歯周組織を再生することができます。すべての方が治るというわけではなく、歯や歯肉・骨の形態によって、適応とならない場合もあります。また効果が確認できるまでに多少時間がかかります。

STEP4. 歯周病治療

歯周病治療については、患者さんのお口の状態、歯周病の進行度によって上記の方法も踏まえながら、最適な治療を施していきます。

STEP5. メインテナンス

歯周病は、治療が終わったからといって再発しないとは限りません。ご自宅でのケアを怠ると、また歯周病になってしまう可能性があります。歯にこびりついた汚れは、ブラッシングで落とすことは難しいので、歯の状態を知るためにも定期的なメインテナンスを行うようにしましょう。

歯周病の症例

治療前
治療後

予防の重要性

予防の重要性

歯周病の再発を防ぐためには、正しいブラッシングで行う。ホームケアが重要となります。自分ではキレイに磨いたつもりでも隅々まで汚れを取ることは難しいと思います。

患者様ご自身だけでは清潔な状態を保つのが難しい場合は、歯科医院での定期検診をおすすめします。患者様の歯肉縁下を清潔な状態に保ち、歯周病から歯をお守りします。