スタッフ紹介|福山市御門町の歯医者 やまもと歯科

Open

8:00-12:00 / 12:30-17:45

Close

水曜・日曜・祝日

Reserve & Contact

0849994618
24時間受付中WEB予約はこちら

スタッフ紹介

院長紹介

山本 哲史

院長 山本 哲史

ご挨拶

やまもと歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。院長の山本哲史と申します。当院は、オーダーメイド型の予防歯科と、できるだけその方の歯が長期的に残ることにこだわった治療をしてまいります。突然ですが、あなたは最後に歯医者さんに行かれたのはいつでしょうか?日本は予防歯科という意味ではまだまだ後進国であり、定期的に歯科医院に通院している割合は2%という圧倒的に少ない数値です。

日本人は歯が悪くなってから受診するため、長期的にみると、多くの治療を繰り返し、多くの歯を失っている現実があります。ぜひそのことに気づいていただき、歯で後悔する人が一人でも少なくなることが私の目標です。人それぞれ、病気になるリスクが異なるため、実は予防の仕方も異なります。

ただクリーニングをすることが予防ではないのです。そのため初診時は時間をかけて丁寧な検査と説明をさせていただき、その方にあったベストのプランを提案させていただきたいと思います。しかし予防とは言っても、一度虫歯や歯周病になった歯は自然に治ることはありませんので、治療をするしかありません。当院では『これが最後の治療』となるよう、1回の治療を全力で行います。1本の歯の治療は繰り返し何度でもできるものではないからです。そのため、地味ではありますが、歯科治療の基本と言える、歯の根っこの治療と、歯周病の治療を大事にし、できるだけその方の歯が長期的に残ることにこだわった治療をしております。予防と治療を共に全力で行ってまいります。また医療人である以上、生涯勉強と思っておりますので、最新の技術も日々取り入れてまいります。

しかし、これまで色々と勉強してきましたが、一番身についているものは、臨床の現場で患者さんから学ばさせていただものが多いのが実際です。患者さんの声に素直に耳を傾けること、そして感謝の気持ちも忘れることなく、今日も臨床に向かいたいと思っております。定期検診をご希望の方、お口や歯のことでお悩みの方は、ぜひ、ご相談ください。皆様とお会いできることを心よりお待ちしております。

略歴

私立修道高校卒業

福岡県立九州歯科大学卒業

福岡県内の歯科医院にて臨床研修

山口県 とよた歯科矯正歯科 勤務

福岡県 ひぐちファミリー歯科 勤務

やまもと歯科 開業

所属

  • 日本歯科医師会
  • 広島県歯科医師会
  • 福山市歯科医師会

所属学会

  • 日本顎咬合学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本包括歯科臨床学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 日本審美歯科協会
  • スタディグループ

    • 北九州歯学研究会若手会
    • JACD

    スタッフ

    歯科衛生士チーム

    歯科衛生士:沖野 珠紀

    コメント

    歯科衛生士の沖野です。
    私は歯科衛生士学校を卒業後、開業医で勤務し、出産後子育ての間もパートタイム勤務を続けて参りました。気付けば、歯科衛生士歴が積みあがるのと同時に歳もとり・・・やまもと歯科では一番のお姉さんです。

    しかし、医療の世界は日進月歩。やまもと歯科に入社して院長から色々な勉強・挑戦をさせて頂き、「歯科衛生士」という枠を超えて、患者様の為にできることはもっとあると、昔とは違う目線でやりがいを感じ、今が歯科衛生士人生の中で一番充実した気持ちでお仕事をさせて頂いております。プライベートでは、12歳の男の子の母親です。休みの日は、簡単で美味しい料理を検索して作ることと、息子のサッカーをママ友達でワーキャー言いながら応援することが楽しみです!

    私は何でもできるスーパー衛生士ではありません。けれど、ご縁があってお会いできた患者様に「やまもと歯科に来てよかった」ひいては「沖野さんに出会えてよかった」と思っていただけるよう愛を持って患者様に対応致します。いつでも笑顔でお待ちしています。

    院長からひとこと!

    面接で初めてお会いした時に、「患者さんが、私に会いにきてくれるような歯科衛生士でありたい」とお話していたのがとても印象的でした。彼女は、患者さんの気持ちに寄り添ってお話しすることを信条としており、今は衛生士としてだけではなく、患者様の歯に対する悩み、治療に対する不安を解消するトリートメントコーディネーターとしても当院で活躍しております。

    その患者様の対応は、ついつい歯の治療のことばかり考えてしまいがちな私にとっては、勉強になることも多く、非常に頼もしい存在です。治療期間や費用はもちろん、どんな些細な内容でも結構ですので、お悩みや不安など、歯科医師に相談しにくいような内容であっても何でもご相談下さい。これから多くの患者さんを救ってくれる衛生士です。

    歯科衛生士:井上 加菜

    コメント

    歯科歯科衛生士の井上です。
    周りからは怖くて近寄りがたいと言われがちですが、意外と中身は脱力系です。アウトドア好きで、休みの日はキャンプに行ったり、スケボーをしたりアクティブに動いています。冬になったら最近始めたばかりのスノボーに行ったりしてます。患者様がリラックスして受けていただけるように笑顔と患者様とのコミュニケーションを忘れずに心がけていきたいと思います。

    院長からひとこと!

    一見クールで見えますが、話すと意外と面白い女性です。先日、彼女が担当のメインテナンスの患者さんから「先生、私は歯医者さんで笑ったのは初めてです。井上さんが大好きです」とおっしゃって下さった方がおられました。そのお言葉は井上さんも僕もとても嬉しかったのを覚えてます。彼女は手先もとても器用であり、技術の習得もとても早いです。これから新しいことにどんどん挑戦していってスーパー衛生士になってほしいと思ってます。

    歯科衛生士:水野 理沙

    コメント

    歯科歯科衛生士の水野です。
    私は子どもの頃から人見知りで、よく1人で遊ぶ事がすごく好きな子供でしたが、そんな私でも1人ではなく、たくさんの人と会ってみたい。お話して みたい!というような願望を持つ子供でした。そんな私が人一倍心掛けていた事が「あいさつ」でした。どんな人でも、近所のおじいちゃん、おばあちゃんには必ず声をかけるようにして、そこから少しずつ人見知りを改善していく。というようなことを考えながらしていました。

    現在でも、日々たくさんの方にお会いする機会の多い職種につくことが出来、その心がけは今でも続けるようにしています。そんな中、私は毎日来られる患者さんに少しでも、「今日も通えて良かったな。」と思って頂けるようなお時間を提供出来ればなと思い、仕事をしています。患者さんの不安やお悩みを少しでも解決できるお手伝いをしていきたい。と思っています。何かお困りな事があれば、お気軽にご相談下さい。

    院長からひとこと!

    水野さんはとても真面目で何に対しても一生懸命頑張る性格の女性です。歯周病治療を学びたいということでご縁があり当院に入って来られました。彼女は本人も言うように「あいさつ」をとても大事にしております。当たり前のことですが、自分を振り返ってみると「ありがとう」や「お疲れ様」など、感謝やねぎらいの挨拶はできていないことも多く、彼女から学ばされることもあります。決して器用なタイプではないかもしれませんが、本人もまだ気付いていないようなポテンシャルを持っていると感じています。これから多くのファンの患者さんを作って頑張ってほしいと期待してます。

    歯科衛生士:槇 佑那

    コメント

    歯科歯科衛生士の槇です。
    衛生士資格を取得したからには、このやまもと歯科で患者様に寄り添いながら、お口の健康をサポートでき、患者さんに信頼していただけるような立派な衛生士になりたいと思っています!今は頼りになる先輩方の背中を追って、日々奮闘しています。
    プライベートでは甘いもの、特にケーキを食べることが好きです。
    患者様が安心して来院できるように笑顔で頑張りますのでよろしくお願いします。

    院長からひとこと!

    槇さんは衛生士学校の学生の時に、当院に来てくれて、その後就職が決まりました。驚いたことに中学生時代から現在に至るまで、無遅刻・無欠席を連続更新しているとのことで、とてもまじめな人柄だと思います。
    また笑顔から優しさが滲み出ているのか、お子様の評判がとてもいいです。これから衛生士としてのスキルを身につけ、経験を積み、自信をつけて多くの患者さんを救えるような衛生士になって欲しいです。期待の若手ホープです。

    歯科衛生士:山本 美奈

    コメント

    歯科衛生士の山本美奈です。
    2010年に九州歯科大学付属歯科衛生学院を卒業し、衛生士歴は9年になります。臨床では主に予防と、歯周病治療に力を入れて勉強してきました。

    性格は自分では前向きな堅実家だと思っています!プライベートではチーズとワインが好きでお酒に合う料理をしたりみんなでワイワイ食事をしたり、旅行に行くことが好きです。合唱を学生時代長いことやっていたので歌うことも好きです。最近は母になりましたので可愛い息子とほのぼのな毎日に幸せを感じて日々過ごしています。

    私は歯科衛生士として働くようになって歯科衛生士とはどうあるべきなのか常に考えながら今まで働いてきました。目の前には痛みや不安を抱え来院される患者さんたち。。私自身、虫歯で痛くなったり歯周病になって困った経験もありません。なったことない人に自分の気持ちはわからないと思われるかもしれません。ですがどのような症状を持った人がどういった経緯をたどっていけばどんな未来が待っているかはよく知っています。生活背景や価値観によってどれがその方に合っている治療なのか今の悩みを解決するにはどうするのがベストなのか情報をお伝えし、共に悩み、共に考えることは経験を積んできた私だからできることだと思っています。

    歯科衛生士とは他人の人生に介入し、一緒に悩み、一緒に歩んでいける心も身体も健康に導いていけるバイタリティ溢れるお仕事です。これまでたくさんの方との出会いの中で、さまざまな困難な壁、苦悩にぶつかりながらも自分なりに模索し、勉強し、患者様を支えていけるように努力してきました。この姿勢はこれからも変わることはありません。技術はもちろんですが悩みの裏にあるライフスタイルや価値観も大切にできる、不安や恐怖心を吹き飛ばせる“優しく強い協力者”でありたいと思います。

    やまもと歯科の「歯が長期的に残ることにこだわった治療」は患者さんの未来を一緒に考えているからこそできる治療です。これからは一人ではありません。今でなく未来を一緒に考え、一緒に歩んでいきましょう。いつでもやまもと歯科でお待ちしております。

    院長からひとこと!

    彼女は歯周病の治療にとても興味があり、歯石を除去する技術、患者さんに対する歯磨き指導のへの情熱も人一倍強い歯科衛生士です。

    歯周病治療は治療と再評価の繰り返しであり、適切なステップを経て患者さんごとに適切な処置を順々に進めていきます。しかしどの患者さんにも共通する「歯周基本治療」というステップがあります。具体的には歯磨き指導、モチベーション、歯石取りなどで、初期治療ともいい治療のスタートで必ず行う処置です。

    この処置は歯科衛生士によるものが多く、通院し始めて不安の多い患者さんを安心させて、気持ちを導いていく役割もあります。歯石を除去する技術も素晴らしいですが、明るく前向きな言葉かけは、継続的な通院や、歯磨きに対するモチベーションに大きく影響している思います。患者さんのファンも多いです。

    受付・歯科助手チーム

    受付:大室 千紘

    コメント

    受付の大室です。
    やまもと歯科は院長、スタッフがお互いに連携しチームワークの良い職場です。優しいスタッフと温かい患者様のおかげで毎日楽しく働いています。食べることと旅行に行くことが好きなので、お休みの日はおいしいものを食べに行ったり、日帰りで旅行に行ったりしています。おすすめのお店や場所などあればぜひ教えて下さい。患者様1人1人に安心していただけるよう、笑顔でお迎えし、丁寧な対応を心がけています。患者様とたくさんの言葉を交わして、和やかな雰囲気を作っていきたいと思います。何かございましたら、お気軽にお声がけ下さい。

    院長からひとこと!

    大室さんはとても穏やかな女性です。ちょっと天然なところもありますが、仕事には本当に一生懸命取り組んでくれています。初対面の時に、患者さんに愛される受付対応ができるよう頑張りたいと言っていたのがとても印象的でした。受付としてはまだ経験が浅く、患者様にはご迷惑をおかけしてしまうことがあるかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。今後の飛躍に期待しています。

    歯科助手・受付:山本 侑奈

    コメント

    受付、歯科助手の山本です。
    仕事では、毎日刺激を受けて充実しています。
    私は患者さんに直接処置を行うことはありませんが、歯科についてもっと勉強して、患者さんの気持ちに寄り添えるような役割を果たしたいと思っています。来院された患者様が気持ちよく満足して帰っていただけるように笑顔で一生懸命サポートしていきたいと思います。
    プライベートでは息抜きとして色々なお菓子を作ったり、歌を歌ったりすることが好きです。特にタルトやガトーショコラを作るのが得意です。甘いものを食べたり、歌ったりすることでとても幸せな気持ちになれます。去年甥っ子も生まれ子供と遊ぶことも大好きなので、お子さんがいらっしゃる方も遠慮なくお越しください。どうぞよろしくお願いいたします。

    院長からひとこと!

    山本さんはいつも明るく笑顔が素敵です。人と接するのが大好きということで、歯科医院の受付に興味を持って医院見学されたのが入社のきっかけです。歯科医院の受付は専門的な知識も必要となるので最初は大変そうでしたが、今では歯科助手、受付ともに立派に頑張っています。患者さんの気持ちに寄り添って、助けになることが本人の希望でもあり、これから新しいことにどんどんチャレンジして欲しいと思います。