根管治療|福山市御門町の歯医者 やまもと歯科

Open

8:00-12:00 / 12:30-17:45

Close

水曜・日曜・祝日

Reserve & Contact

0849994618
24時間受付中WEB予約はこちら

根管治療

お口のトラブルチェック

  • 抜かなくてはいけないと言われた
  • 噛むときに痛みを感じる
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきにたびたびおできができる
  • 安静時にも痛みを感じる
  • 入浴中や就寝時に痛みが強くなる
  • 歯ぐきに白いできものがある
  • 歯を噛みしめたときに痛みがある
  • 虫歯がひどくなり強い痛みを感じる
  • 歯と歯ぐきの隙間に膿がたまっている

根管治療とは

根管治療とは、歯垢などの細菌に冒された歯質や神経を徹底的に取り除き、歯の根元からキレイにする治療方法です。
虫歯が進行し歯髄(歯の根元部分)まで到達しているときは、表面治療だけではなく、根管治療をおすすめします。 根管治療に使用される歯科専門の医療器具には、リーマーやファイルといったものがあります。まず、歯髄を切開し、根っこの部分のクリーニングを行い、根管部分に防腐材料を埋めていきます。
根管治療が必要になる症状としては、「安静時にも歯が痛む」、「歯を噛みしめると痛い」、「歯ぐきが腫れている」などが挙げられます。
すべての細菌を取り除くことで、残った細菌が増殖することによるトラブルを回避できます。抜歯のリスクを低下させるためにも、感染源を完全に取り除く根管治療は有効な方法です。

保険治療と自費治療との違い

根管治療を受けていただく際には、保険が適用される場合とされない場合があります。 カウンセリング時に、それぞれのメリット・デメリットについて詳しくご説明いたしますので、その後患者さんご自身に選択していただきます。

保険のメリット・デメリット

保険治療の1番のメリットは、保険の適用により治療費の自己負担額が抑えられる点です。
「費用の心配をせずに治療を受けたい」と思われる方には保険治療が適しています。
ただ、治療方法や治療時間、使用できる材料などが制限されてしまうというデメリットもあります。
メリットとデメリットの両方を考えたうえで、保険治療を受けるかどうか決めていただければと思います。

メリット

  • 治療費の自己負担額が少なくなる
  • 治療内容が同じなら、歯科医院によって費用に差が出ることがない

デメリット

  • 治療方法や治療時間、使用可能な材料などが限られる
  • 通院の間隔が決められている

自費のメリット・デメリット

自費治療には、治療方法や治療時間、使用する材料などに一切制限がありません。
そのため、ご自身の予定に合わせて通院が可能なうえ、専門性の高い治療が受けられます。
高レベルの根管治療を受けたい、とお考えの方には自費での治療をおすすめいたします。「マイクロスコープ」、「ラバーダム」、「CT検査」などを取り入れた高度な治療をご提供します。

メリット

  • 治療方法や使用する材料を自由に選べる
  • 治療時間に制約がなく、自分の予定に合わせて通院できる
  • MTAセメントの利用が可能

デメリット

  • 保険治療と比べ費用がかかる

根管治療の特徴

CTによる検査

根管治療の画像診査には、通常はエックス線写真を用います。
ただし、歯根が複数あるときや根管の形が複雑である場合、顎の骨の状態によっては、十分な診査が行えない場合があります。 このようなケースでは、歯科用のコーンビームCTで撮影します。
CT画像の優れた点は、歯や骨の状態を立体的に診査できるところです。より正確な診断に役立ちます。

ラバーダム防湿

根管治療における感染防止に役立つのがラバーダム防湿です。
根管治療の成功のためには、雑菌による新たな感染を防ぐことが重要ですが、口の中には多数の雑菌が存在しています。
ラバーダム防湿は、根管治療中の歯をゴム製のシートで隔離し、唾液のなかに含まれる雑菌の侵入を防ぐための装置です。
より早く安全性の高い治療を行うのに役立っています。

マイクロスコープ

根管治療は、歯に開けた穴をのぞき、直径1mm以下の細い根管のなかを治療します。根管の数も1つとは限らず、歯によっては4つの根管を治療することになります。
ただでさえ狭くて暗いお口のなかで繊細な作業をするためには、マイクロスコープや拡大鏡の使用が必須です。
歯を大きく拡大して診ることにより、感染物質の有無や、出血や膿の状態、以前の治療で使用された古い詰め物の材料などが把握できるようになります。
裸眼では難しい診断も、マイクロスコープを使うことにより正確に行えます。

料金表

1根管 ¥2万~
2根管 ¥4万~
3根管、4根管、樋状根   ¥6万~
ファイバーコア ¥1万~

根管治療の流れ

1.問診・検査

まず、現在お困りの症状や患者さんのご希望について詳しく伺います。
その後、必要に応じてエックス線写真撮影、口腔内写真撮影、CT写真撮影、顔貌写真撮影などを行います。

2.診断・意思決定

検査結果に基づき、診断結果をご報告します。

3.カウンセリング

患者さんのご希望をカウンセリングしたうえで治療方針を決定します。

4.治療

治療内容や費用が決定しましたら、治療開始となります。
※治療回数や治療時間、費用などは個人により異なります。

5.リコール・メインテナンス

治療終了後は、歯の状態や経過を観察するため、定期的な診察を受けていただきます。
期間や頻度につきましては当院から詳しくお伝えします。

根管治療に対する院長の考え方

根管治療は歯科医師の良心に委ねられるといっても過言ではありません。「時間がかかると患者さんが嫌がる」、「採算が取れない」、「丁寧にやったって結果は変わらない」などの理由で、おざなりにされているのではないかと思われるケースも多々見受けられます。歯の治療を建築に例えるならば、根管治療は、地盤工事と言えるでしょう。いくら立派な家を建てても地盤がしっかりしてなければ長持ちしません。また、歯の治療は何度も行えるわけではありません。論文では治療回数が多い歯ほど、抜歯に至る可能性が高いと言われています。昨今では、金属アレルギーの問題や、白い歯がいいという理由で自由診療によるセラミック治療を選ばれる患者さんは多くおられます。同じように、歯を長持ちさせたいという理由から、根管治療に対するプライオリティにフォーカスを当てて考えてみられてはいかがでしょうか。