根管治療|広島県福山市御門町の歯医者

根管治療

根管治療とは

根管治療とは、プラークなどの細菌に感染した歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根をキレイにする治療です。虫歯が歯髄と呼ばれる歯の根元部分まで進行してしまった場合などには、表面だけではなく、根管治療をされることをお勧めいたします。根管治療には、リーマーやファイルと呼ばれる歯科専門の医療器具を使用します。治療は、歯髄を適切に切開し、根っこの清掃を行い、根管まで防腐的な材料を充填していきます。
症状としては、「歯に痛みを感じる」「食事の際にかみ締めると痛む」「患部が腫れている」などがあり、該当する方は根管治療が必要になることがあります。
また、すべての細菌を取り除かないと残った細菌が増殖してトラブルが発生し、抜歯につながってしまうこともあります。早期に発見し、細菌が残らないように、感染源を完全に除去する必要があります。

根管治療の考え方

日本の根管治療は欧米に比べるとレベルが低いと言わざるを得ない状況です。
日本のレベルが発展しない原因の一つに保険治療での根管治療の診療報酬が安すぎることが挙げられます。
歯科医院の経営の話になりますが、根管治療における保険治療の診療報酬(売上げ)と、歯科医院が投資できる時間や材料のコスト(支出)を考慮すると、根管治療を真面目にすればするほど歯科医院は赤字になってしまうのが現実です。 しかし、根管治療の精度は歯の長期維持に大きく影響を与えます。
歯の治療を建築に例えるとしたら、根管治療は基礎工事と言えます。 どんなにかっこいい建物を作ったとしても基礎工事が手抜きであったら、欠陥住宅ですよね。同様に、いくら見た目が良い被せ物を作ったとしても根管治療が不十分であったら、何年か後に痛みや腫れを引き起こし再治療となります。 残念ながら、日本人は再根管治療を繰り返すたびに金銭的、時間的コストを支払い、結果的にどんどん歯を失っています。
当院は、歯を守っていきたい患者さんの気持ちに寄り添えるよう、根管治療に誠意を込めて行います。 また一部、保険治療では提供できない材料や技術も自費治療にて提供させていただいております。 他院で抜歯宣告された方、何度も治療を繰り返しているが改善しない方、ぜひやまもと歯科にご相談ください。

根管治療の症例

治療前に比べ、治療後は病変の縮小を認めます。 レントゲン的には正常像ではないため治癒とは言えませんが、症状は全くなく経過観察で対応できるレベルです。 マイクロスコープやCTを用いることにより、病変の原因根の特定や、根管の形態の把握がで き、効率よく安全に根管治療が行えます。 また、手探りの治療ではなく、顕微鏡で見ながらの治療なので、徹底的に根管内の細菌を除去 することができ、歯質を余計に削ることなく治療が行えます。