インプラント|福山市御門町の歯医者 やまもと歯科

Open

8:00-12:00 / 12:30-17:45

Close

水曜・日曜・祝日

Reserve & Contact

0849994618
24時間受付中WEB予約はこちら

インプラント

お口のトラブルチェック

  • 歯が抜け落ちてしまった
  • 入れ歯に違和感を持っている
  • 入れ歯が原因で話しづらい
  • 入れ歯の手入れが大変
  • 使用中の入れ歯が合わない
  • 入れ歯のバネの部分が目立つ
  • 入れ歯があると食事が美味しくない
  • 今ある自分の歯を残したい

インプラントとは

インプラントとは、何かしらの理由で歯が抜けて無くなってしまった部分の顎の骨に直接、人工の歯根と歯冠を固定し、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と審美性を取り戻す治療法です。
入れ歯に抵抗がある方、部分的に歯が抜けている方、すべての歯が抜けてしまっている方にも最適な治療法です。

当院のインプラント治療の考え方

当院はインプラント治療を積極的に行なっております。 インプラントは、歯がなくなった部分、あるいは残すことが困難な場合に抜歯して行われる、いわゆる、「欠損補綴」と呼ばれるものです。しかし、当院では、インプラントを単純な「欠損補綴の一手段」としてではなく「総合治療の一環」として捉えております。その歯が抜歯せざるを得なくなった原因をしっかり考え、原因を排除することで他の歯を失うリスクを減らすことができます。また、顎関節や全身を含めた噛み合わせを診断することでインプラント治療後のトラブルを防ぎます。


例えば、歯周病のため1本の歯を抜歯せざるを得なくなった場合、その歯を抜歯しインプラントを打つだけでは長期に安定した結果を得ることは難しいでしょう。必ずその歯が悪くなった原因があります。原因を考えないと、その部位にインプラントを埋入してもインプラントが長期に維持できるという良好な結果は得られません。しっかりと原因を解決し、残った歯に対しても歯周病治療や根管治療、補綴治療などを適切に行う必要があります。ここまですることによって初めて、インプラントを適用することにより、残った歯への力の負担が軽減できるため、長期にわたって歯列の温存ができるのです。


また、当院の特徴として、安易に抜歯は行わず、可能な限りその方の歯を残す手法をご提案いたします。歯を残すためには、治療計画の立案、虫歯治療、根管治療、歯周病治療、矯正治療、補綴治療など、多岐にわたる技術が求められます。「歯医者」とは文字通り、「歯」の「医者」です。「インプラント屋さん」ではないのです。個人的には抜歯は歯医者にとって敗北であると思っております。しかし、歯が折れてしまっている場合や、歯と骨をつなげる歯根膜という組織がほとんど残っていない場合など、機能させることが困難な場合など、致し方ない場合は抜歯をご提案させていただきます。

インプラント治療を受けるメリットデメリット

インプラント治療は、失った歯の機能を回復するためには有効な方法です。
しかし、他の治療方法と同様にメリットもあればデメリットもあります。
入れ歯やブリッジなどと比較しながら、その両方についてご説明します。

メリット

  • バランスよく噛める
  • 食べ物の食感を楽しみながら、美味しく食事ができる
  • 取り外しの必要がない
  • 残っている自分の歯に負担がかからない

デメリット

  • 噛む感覚に違和感がある
  • 治療期間が長め
  • 外科治療なので、痛みや腫れ、出血、合併症などの怖れがある
  • 治療後の定期的なメインテナンスが必要

インプラントと他の治療法比較

ブリッジとインプラントの比較

ブリッジを使用する場合、抜けた歯の両端の歯を削る必要があり、健康な歯にも負担がかかってしまいます。
しかし、インプラントの場合は、インプラントとセラミック人工歯を使い失った歯の代わりにするので、周囲の歯を削る必要がありません。健康な歯に影響を与えない治療法です。

入れ歯(部分義歯)とインプラントの比較

部分入れ歯は、抜けた歯の両端の歯に金属製のバネをかけて使用します。
バネが健康な歯を傷つけてしまうリスクがあり、見た目も美しくありません。
インプラントの場合は、しっかり固定されていますので、お口の中でずれにくいです。
安定性や機能性に優れているほか、見た目も天然歯とほとんど差はなく、人に気づかれにくいです。

骨がなくても当院ではインプラント治療が可能です

サイナスリフトとは

上顎洞とは、頬骨の内側の辺りにある空洞で、鼻腔とつながっています。
上顎にはこの上顎洞があるため、骨の高さが足りないケースがよく見られます。
サイナスリフトは、空洞内に自家骨や人工骨などを填め込み、骨を形成する手術です。
術後は腫れなどの症状があります。

サイナスリフト治療の流れ

  • 01

    問診、CT撮影、
    写真分析

  • 02

    治療計画
    コンサルテーション

  • 03

    上顎洞底挙上術

  • 04

    抜糸(2週間後)

  • 05

    インプラント埋入

骨が少ない場合の治療方法

骨が十分に足りているケースでは、施術は比較的容易になります。
けれど、骨が少ない場合は骨造成処置が必要となり、高度な埋入技術を持った歯科医師でなければ対応できません。骨が少ないことを理由に、インプラントを断られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当院でもそのようなご相談が少なくありませんが、実際に診察させていただくと、難しくない方法でインプラントが可能な例がほとんどです。骨を造らずに通常のインプラント埋入手術が可能なケースも多く見られます。
当院では、経験豊富な歯科医師が治療を行います。骨の少なさを理由にインプラント埋入が不可能と他院で診断された場合でも、当院で治療可能なケースがございます。
しかし、どうしても骨造成処置が避けられない症例もあり、その際は治療期間の長期化や手術回数の増加、それに伴う費用の負担増などが考えられます。
当院では、まず患者さんの不安を取り除けるよう、丁寧な説明を行います。そのうえで、インプラント治療を受けるかどうかの決断を患者さんご自身にしていただけるよう、善処いたします。

世界中のインプラント治療に活躍するストローマンインプラントを使用

当院では、スイスのストローマン社が開発したインプラントを使用しております。いままでに約1400万本以上が治療に用いられてきた、実績のある世界的な製品です。その特徴は2014年に厚生労働省の認可を受けた『SLActive』と呼ばれる表面の細かい凹凸の加工。骨細胞が入りやすく、細胞の活性化を促進することで、骨と結合しやすい構造を持っています。治療期間が短縮され、インプラント埋入後も高い確率での定着が期待できます。また、チタン製ですので、金属アレルギーのリスクをできるだけ抑え、様々な症例の患者様に適用可能です。「インプラントを長く使いたい」「治療期間を短縮したい」などをお考えの患者様にお薦めしております。

料金表

1次オペ ¥25万
2次オペ ¥10万~15万
総額 セラミッククラウン ¥40万
金属艦、レジン前装冠 ¥35万

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング・検査

インプラント治療を行うにあたり、メリットやデメリットも含めて説明を行います。
不安なことや疑問点がございましたら、ご遠慮なくおっしゃってください。
歯垢や歯石を取り除き、歯のクリーニングや血液検査を受けていただき、インプラント治療に支障がない状態かどうかの確認をします。

2.CT撮影による治療計画の立案、およびストローマンガイドの作製

骨が少なくてインプラントが難しい場合はGBR(骨増生)を行います。 当院では患者さんから採血した自己血を遠心分離機にかけることによって、血小板を多く含んだフィブリン(PRGF)を作製しそれを骨補填材と混ぜ凝固させることによって、骨の再生を行っております。 PRGFには、創傷治癒に関するファクターが多く含まれており、骨の再生やインプラントの結合にポジティブに働くと考えられております。 用いている遠心分離機はスペインのbti社製のもので、採取したフィブリンを体内に戻すことが唯一、認可されております。

3.一次手術

インプラント治療の第一段階として、麻酔をかけたあと、人工歯根を埋め込みます。

4.治癒期間

埋め込んだ人工歯根が生体にしっかりと馴染むよう、約3~6ヶ月程度の治癒期間をおきます。
この間、仮歯を使用するケースがあります。

5.二次手術

人工歯根が骨としっかり結合したら、インプラントの先端部分にアバットメントを取り付けていきます。

6.人工歯の型取り・装着

アバットメントの治療終了後、歯肉が回復するのを待って、上部構造の歯を作るための型取りをします。
状況に合わせて微調整を行い、人工歯を装着します。

7.メンテナンス

違和感や痛みをチェックします。 治療直後の違和感は、次第に改善され、数日後にはほぼ気にならなくなります。
インプラント歯周炎の予防には定期的なメインテナンスが欠かせません。
メインテナンスについての詳しいご説明をします。

インプラント治療のよくある質問

インプラントを入れるメリットは何ですか?

今ある健康な歯に負担をかけず、人工歯を自然な歯のように機能させられることです。

入れ歯やブリッジの治療の場合、周囲の歯を支えにしたり、削ったりしますので、残っている歯の寿命を縮めることになりかねません。
インプラント治療では、健康な歯に傷をつけることなく、人工歯によって噛む機能を保つことができます。

長期的な視点で見て多くの歯を残せそうな患者さんにはインプラント治療を推奨しております。
スムーズな治療を行う環境を整えるため、口腔内を立体的に撮影できる歯科用CTや外科処置専用の手術室を設置しています。 顎の骨が少ないために他院ではインプラント治療を断られた場合でも、骨造成手術を行えばインプラントに必要な骨の量を確保できる可能性があります。 ぜひ1度ご相談ください。

インプラント治療は痛みを伴いますか?
外科治療となりますので、どうしても多少の痛みは伴います。
手術中の麻酔や鎮痛剤の使用はもちろんですが、術後も患者さんの不快感をなるべく取り除けるよう痛み止めのお薬を処方いたします。
当院でインプラント治療を受けられた患者さんからは、予想していたより痛みが少なく楽だったとのお言葉をいただく方もいらっしゃいます。
高齢であることがインプラント治療の障害になりますか?
高齢の患者さんでも、抜歯が行える健康状態であれば、問題なくインプラント治療を受けていただけます。
インプラント治療の妨げとなるのは、年齢よりも現在の健康状態です。慢性疾患をお持ちの方には、インプラントを適用できないケースがございます。
インプラント治療を受けられるか不明な場合、当院にご相談ください。
患者さんの歯科治療歴や既往歴などを考慮し、歯科医師が慎重に判断いたします。