適切な歯冠長の獲得のためクラウンレングスニングを行ったケース|福山市御門町の歯医者 やまもと歯科

Open

8:00-12:00 / 12:30-17:45

Close

水曜・日曜・祝日

Reserve & Contact

0849994618
24時間受付中WEB予約はこちら

症例

適切な歯冠長の獲得のためクラウンレングスニングを行ったケース

55歳男性

左上の奥歯が腫れては潰れるを繰り返していてずっと痛痒い、と訴え来院されました。

第二大臼歯(一番奥の歯)の根尖付近(根の先)の歯肉が腫れているのがわかります。

レントゲン上では根管治療(根の治療)がされていますが根管充填(根の中の詰め物)が不十分な処置がされています。

また、歯髄診では第一大臼歯、第二大臼歯共に失活(神経が死んでいる状態)していました。

対合歯には他院で10年前に埋入されてインプラントが入っており上部構造が脱落した状態でした。

 

CT撮影を行ったところ、上顎第二大臼歯の近心頬側根の周りの骨が吸収しており、根尖病変を認めたため再根管治療を行うこととしました。

しかし、第二大臼歯治療後、症状が落ち着かず、第一大臼歯に再び歯髄診を行った結果、やはり陰性を示したため、第一大臼歯にも根管治療を行いました。

歯髄は壊死しており、第二大臼歯の病変から上行性歯髄炎を引き起こしたか外傷性の歯髄炎から歯髄壊死を惹起したと推測しました。

歯周基本治療が終了した状態です。症状は消失したため、補綴物(被せ物)作製を行いますが、

この状態ではスピーの湾曲が逆湾曲を呈しており、また適切な歯冠長が獲得できないためクラウンレングスニング(歯茎より上の歯冠部の長さを延長する外科的処置)を行うこととしました。

クラウンレングスニングを行いやすくするため第一大臼歯と第二大臼歯の間の歯根間距離を獲得するためゴムにて歯間離開を図りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯間離開前と後の比較です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、通法通りクラウンレングスニングを行いました。

初診時と術後の比較です。

今回の処置によって術前のアンチスピーであった咬合平面がのゆるやかなスピー湾曲に改善できました。

歯間離開により歯根の近接も改善し、ディスタルウェッジ(第二大臼歯の奥の歯肉の中削ぎ)によって第二大臼歯の遠心の歯肉の厚みも減じることができました。

プラークコントロールを徹底し今後もポケットの再発を防ぐべく、経過観察が必要と思います。

 

 

CT撮影においても根尖部の透過像は改善していることが分かります。

歯茎の腫れや痛痒い感覚は消失し、現在は症状なく推移しています。

 

特別難しい処置ではありませんが、歯内治療と歯周外科を基本に忠実に行うことで良い結果が出たと判断しています。

しかし、今後も歯を守るためには定期的なメインテナンスが必須であることは言うまでもありません。

 

当院はインプラントや再生療法などの高度な技術を要する治療はもちろん、

歯科治療の基本となる、根管治療、歯周治療といった治療を忠実に丁寧に行います。

歯やお口のことでご相談ならいつでもどうぞ。

 

福山市御門町の歯医者 やまもと歯科