自家歯牙移植|福山市御門町の歯医者 やまもと歯科

Open

8:00-12:00 / 12:30-17:45

Close

水曜・日曜・祝日

Reserve & Contact

0849994618
24時間受付中WEB予約はこちら

症例

自家歯牙移植

38歳女性

右下の奥歯が噛んだ時に痛むと訴えられ来院されました。

右下は第二大臼歯(奥から2番目の歯)の銀歯の下に大きな虫歯があり

第一大臼歯(奥から3番目の歯)には根尖病変および分岐部病変を認めます。(青◯のところ)

第一大臼歯(右下の奥から3番目の歯)は感染根管治療を行い、病変の治癒を経過観察し続けていましたが

レントゲン上において病変が治癒せず、噛んだ時の痛みも軽減はしましたが完治はしておりませんでした。

 

分岐部に病変を認め歯周検査の結果も分岐部は改善を認めませんでした。

患者さんと話し合い、

①仮歯にて経過観察を続ける

②歯周組織再生療法(奥から3番目は抜根の可能性あり。その場合ブリッジを装着)

③抜歯してインプラント

④右下の一番奥(親知らず)をドナー歯とし自家歯牙移植

のプランについてそれぞれメリット、デメリット、リスクについてお話ししたところ

④右下の一番奥(親知らず)をドナー歯とし自家歯牙移植 を選択されました。

自家歯牙移植は一度抜歯した歯を再び生体に戻す処置であり、歯の周りの組織を損傷してしまうリスクがあります。

そのため、思ったような良好な結果が得られない場合もあります。

もしその場合はインプラントをするというお約束で自家歯牙移植を行う計画を立てました。

 

術前にはCTにおいて、ドナーとなる親知らずの形態、長さ、太さ

移植床となる部位の骨欠損の大きさ、顎の骨の中の神経(下歯槽管)までの距離

などを測定し、シミュレーションを行います。

第一大臼歯(奥から3番目の歯)を抜歯し、炎症性の不良肉芽を徹底的に掻爬します。

抜歯した歯の根っこはやはり歯根破折(歯の根っこが折れてしまっている状態)を呈しておりました。

これでは病変が治癒しないはずです。

シミュレーションに伴って移植床の形成(親知らずが入るための穴を作る作業)を行います。

引き続きドナー歯を抜歯し速やかに移植を行います。

オペ当日の直前と、直後の状態です。

移植した親知らずは糸で縫合固定しております。

術前のシミュレーション通り、処置が行えたため処置は1時間もかかりませんでした。

 

右は自家歯牙移植後2年後の状態です。

術前にあった黒い影も消失しており、現在のところ症状も全くない状態で推移しております。

 

移植した親知らずは神経をとる処置をしておりますが、コンポジットレジン(白い樹脂)による

修復のみで対応しております。

 

移植した歯の神経をとる場合や取らない場合、被せ物をする場合やしない場合など、

症例によって様々です。

この症例は保険診療にて行なっております。

自家歯牙移植はインプラントやブリッジを選択する前の一つの手札として非常に有効な手法です。

歯の形態や大きさなどによっては行えない場合もありますが、機能していない親知らずがある場合は、

検討するべきと思います。

ご相談はいつでもお気軽にどうぞ。

 

福山 歯科医院 やまもと歯科